2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

いいね

2008.08.05

ケーキ屋のパン

今朝はカミナリに起こされました(>_<)

パリのお菓子屋さんでは
ケーキと一緒にパンも作っているのが一般的
そのパンを総称して

「ヴィエノワズリ」
(日本語だと”菓子パン”といったニュアンスかなぁ…)

と呼ぶことは、以前にもこのブログで何度かお話ししました。
デニッシュ系が多いかな?バターたっぷりのリッチな生地で
お菓子屋に必ずある素材で作れるものが中心です。
(バゲットやパンドミなど幅広く作ってるお店もありますよ)

りえぞんでも、パリのパティスリースタイルを踏襲して
数種類のデニッシュをご用意しているのはご存知の通り。

Dscn0416

これらのパン生地はみな同じ、共通なんですが
形がそれぞれ違うでしょう?
こうして成形を変えることで
同じ生地なのに食感がまるで違ってくるのです。
パイのように幾重もの層がくっきりと表れ
バリバリとした食感のもの
反対にふっくらもっちりした食感のもの…
面白いなぁと思います。

さて、これらデニッシュの基本のパンと言えばやはりコレ!Dscf4160_2
クロワッサン~

前述のバリバリした層と、もっちりした食感
その両方を兼ね備えたパンと言えます
外サクッ 中もっちり♪ 

こういうとこで自画自賛はあまり格好良くないですが
それでもあえて言いたい。

うちのクロワッサンは

ホンットに美味しいと思います。

そして、惚れ惚れするほど形が美しい!
形に関しては、その日の窯のご機嫌で多少変わりますが
やや丸みを帯びた三日月形の
細かな層がくっきりと表れたクロワッサンが焼き上がったときは
もう売るのが勿体ないくらいです(笑)

Dscn1315
ムスメAちゃんが「カワイ~イ!」と絶賛したある日のクロワッサン

…とはいえ、このクロワッサン実は
りえぞんではそんなにヒット商品ではありません(^^;)
それほど量産しておらず、ヴィエノワズリ全体でも1日に2~30個しか作ってないというのも一因ではありますが。
初めてのお客様はよく「あら、パンも作ってるの?」と、ちょっとびっくりしたような反応をされます。そこで、本場のパティスリーではこれが普通のスタイルなんですよとご説明をするのですが、ここ日本ですし(笑)
「ケーキ屋にパンがある」ことに
いまひとつピンとこない方が少なくないようです…

Dscn1412
この日のクロワッサンはちょいデカ(^^;)

それでもずっと焼き続けているのは
これがりえぞんのスタイルだッという感覚。
信念とかそんなアツいものじゃなく
これが普通だと思ってるから…
あとパティシェの意地も少~しありますかね(笑)
ケーキは特別なときしか頂かないけどパンならよく食べるという人は多いと思います。だからパンも作ることで、りえぞんを日常的に利用して頂けたらいいなぁ、という気持ちもあります。 実際、パンだけを買いに来られるお客様も少なくありません。

おやつのケーキを買ったついでに
明日の朝食のクロワッサンも♪
そんな感じのお客様が、もっと増えてくれればいいなぁ…